大宇陀ちくちく所

衣服・小物のお繕い ダーニング 奥大和にある針仕事の小さなお店

インフォメーション

2021 / 10 / 04  14:21

地下足袋パッチワークのおはなし

はじまり。

以前、SNSに投稿したことがあるんですが、

このアイデアはちかさん(chikky knit)に教えてもらったものです。

市販の地下足袋に布を縫い付けて、オリジナルなものにする地下足袋。

なんだかその自由さ、ラフさがすてきで、思わず、

わたし「かっこいい!」

ちかさん「まねしてー♪」

 

まず、うちのだんなさん(いろいろ屋すずき)のから作ってみました。

これは楽しい。

履く人の人物像や、趣味なんかを思い浮かべながら布を組み合わせて貼り付ける。

だんなさんがこれで外出してくれるので、合う服なんかもちょっとづつ分かってきたころ。

 

物販、はじめる。

そんなタイミングで、

大宇陀の銘酒酒蔵(久保本家酒造)さんが月イチで開催している酒蔵マルシェに呼んでくれました。

やるしかなーい!

はじめての物販に取り組みました。

結果、嫁に行った子もいて、世の中に欲しがってくれる人がいることを知りました。

世の中にだぶついている布が、これで少しは救えるのかもしれないし、

これからのマルシェには、少数先鋭の地下足袋パッチワークを持っていきます。

興味のあるかた、ぜひぜひ見てやってください。

 

いま。

そして、先月のこと。

すずき家が大宇陀に移住するにあたり、ものすごくお世話になってるご夫婦(古民家御宿 奈の音)。

娘さんとお孫さんへのプレゼント用に、とオーダーを頂戴しました。

みんながうれしくなるような、楽しくなるようなものが作りたいー!

自分を信頼してくれるありがたさをギリギリと噛みしめながら、納品させていただきました。

Facebook   地下足袋パッチワークオーダー品のご紹介

Instagram 地下足袋パッチワークオーダー品のご紹介

 

これからも楽しくなるようなものをたくさん作りたいし、

いろんな方のところで活躍する地下足袋パッチワークを見たい!そんな気持ちにあふれています。

オーダーお待ちしています。

 

地下足袋パッチワークのオーダーについて♪

費用7500円(地下足袋代含む)
主にちくちく所で使っている足袋
・祭り足袋(長さショート、マジックテープ着脱)
・地下足袋(長さロング、コハゼ)
足袋はいろいろあるので、ご指定あれば用意します。(差額は発生します。)
足袋の持ち込みも歓迎です!
費用はパッチワーク作業代のみの5000円で承ります。
色、柄、イメージなどお聞きして作業いたします。
どしどしご相談お待ちしておりますっ。

 

 

2021.10.28 Thursday