大宇陀ちくちく所

衣服・小物のお繕い ダーニング 奥大和にある針仕事の小さなお店

スタッフ紹介

スズキ リカ

東京生まれ 千葉育ち。

2017年春

「何か」は分からないが、自分の「何か」を変えたい思いが止められなくなり、16年間勤めたIT会社を退職。

だいたい同じころに相模湖のすどう農園に出会い、須藤章氏が主宰する「さとやま農学校」に通い始める。自然界のことを何も知らない自分に愕然としながらも、楽しすぎる学びに没頭する。その学びの量は語り切れないほど膨大だが、農学校が無ければ移住はしていなかったのは確かである。卒業後は自主畑に参加して、2年ほど中央線で相模湖に通い詰める。

2019年

移住は心からしたかったが、何をするかは(今考えれば「何をなりわいとするか」)は見当がつかなかった。以前から下手なくせに心惹かれること。それが裁縫であったのだが、19年春に衝撃のワークショップに参加する。ウエダタカユキ氏が主宰する吉祥寺スワラジ工房のワークショップ。決してやり直しやダメ出しをしないウエダ氏に導かれ、気づけば服を手縫いするようになっていた。結局コートも含めて、1年間に4着もの服を完成させることができた。

同じ年の9月にさらなる衝撃が。野口光氏が指導するダーニングワークショップ。知識ゼロだったが、野口氏の著作「愛らしいお直し」を目にして即参加。安定の不器用ぶりではあったが、ダーニングにものすごい充実感を感じる。野口氏のすてきな人柄にも惹かれてしまい、連続講座に参加する(半年間全6回)。このとき、まさか自分がダーニングをなりわいとすることになるとは思っていなかった。

2020年5月

小さいころからの憧れを貫いて奈良県に移住。

具体的な暮らし方のビジョンを模索するなか、唯一の相棒である夫が移住して1か月でそこそこ重症の怪我に遭う。病院通いの日々、「そうだ。ダーニングをなりわいにしよう。ダーニングを通じて世の中とつながろう。」と、思いつく。

現在は夫のそこそこ重症の怪我もほぼ完治。ちくちく活動に勤しむ日々を送る。

ちくちくのほか、発酵ごと、お酒(飲酒)、保存食づくり、菜園づくり、野鳥観察、古墳めぐりなどやりたいことに追われております。

 



2021.09.21 Tuesday